サービスに関するお悩みはもちろん、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

Tel 083-266-8287

資料請求・お問い合わせメールフォーム

スタッフ紹介

池田操子

多職種と連携して
その人らしさを支える

看護職員

池田 操子

地域密着型介護老人福祉施設しおはま(2015年度入職)

ちょっとした変化に気づくことが大切

特別養護老人ホームの看護職員として、ご利用者様の健康を管理する為に、ご利用者様の様態把握は欠かせない仕事です。ご利用者様が快適に生活できる環境を作る為に、介護職員が食事や入浴などの身体的な介護を行い、私たち看護職員が健康管理を行います。

直接援助においては、この2職種の連携は必要不可欠です。 ご利用者様が入浴される前には看護職員が、入浴しても良い状態にあるかバイタル測定を行い、入浴可否の判断を行っています。また、医療行為にあたる為介護職員では出来ない、経管栄養の方の注入や、痰の吸引、医師の指示に基づく血糖値測定なども行います。

ちょっとした変化に気づくためには、ご利用者様との毎日の関りと、それを発見する目(知識)、介護職員をはじめとする多職種との連携が大変重要だと思っています。

最期までその人らしさを追求したい

特別養護老人ホームアイユウの苑は、ご利用者様お一人おひとりと深く寄り添いながら、その人生の最期まで一緒に歩んでいけ場所だと思っています。

ここでは入所されたご利用者様が最期までその人らしさを追求するケアにこだわります。 認知症や失語症、身体に麻痺のある方やインスリン注射が必要な糖尿病の方など様々な疾患を抱える方達であっても暮らしやすい場所でなくてはなりません。

ご利用者様、ご家族様のご希望に応じて可能な限りのケアを提供し、施設での生活が継続できるよう努力すること、そして、その方を最期まで支えることにやりがいを感じます。

あるご家族様から「この施設に入れて本当に良かった。寿命が5~6年延びたのではないかと思う」と声を掛けられた際には、涙が出るほどうれしい瞬間でした。これからもご利用者様、ご家族様お一人おひとりの想いを大切にしていける看護職員でありたいと思います。

主要ページ一覧

List of main pages