ボランティア活動

活動内容・メッセージ

アイユウの苑では、多くのボランティア様がご活躍されており、毎月100名以上の方に何らかの活動でご協力を頂いております。そこで各活動をされている皆様に、ボランティア活動の内容や、ボランティア活動を始められたきっかけ、ボランティアを行ううえでのやりがいやご苦労の様子についてお話を伺い、利用者様へのメッセージを頂きました。

習字クラブ

  • 習字クラブの風景1
  • 習字クラブの風景2
  • 習字クラブの風景3

 職場を退き、2人暮らしの母も亡くし、1人になり、何か社会との関わりをと考え、趣味でもあった習字を活かせる、この教室のお手伝いをすることになり約八年が過ぎました。先輩の方々より教わることも多く、最近のニュース、我が家の犬の話など、涙を流して大笑いし、練習半分、おしゃべり半分と、和気藹々の時間を過ごしています。次の練習日を心待ちに励まされている毎日です。

 何かを目標に、教室へ参加する意欲が一番です。その為には毎日元気で、健康に気をつけて下さい。1日を楽しく生活する意欲を失わないことです。私も人生の参考に皆様に学んでおります。

三宅 紀子さま|活動時期:毎月第2水曜日

和紙工芸クラブ

  • 和紙工芸クラブの風景1
  • 和紙工芸クラブの風景2
  • 和紙工芸クラブの風景3

 アイユウの苑が出来てすぐ、地域に住んでいる者として、何か入所者の方を元気づけてあげられないかと、ボランティアのお願いに行き、今につながっております。色紙をちぎって、白い紙にのりで貼り、大きな紙に季節の絵を仕上げていきます。クラブの皆で智恵を出し合い、思いがけないすてきな作品が出来あがり、楽しくさせて頂いています。

 紙をちぎったり、貼ったり、誰でも簡単に出来ることで、すてきな物が出来上がります。手先を使って、又、皆さんと会話しながら楽しく出来ますので、参加お待ちしています。毎回多くの方が参加して下さってうれしいです。

久米川 弘美さま|活動時期:毎月第2金曜日

お針ボランティア

  • お針ボランティアの風景1
  • お針ボランティアの風景2
  • お針ボランティアの風景3

 始めは、入所者の方たちとお話したりしながらの“さしこ”だったと思います。何年経ったのでしょう。お花を活けるのも、お針をするのも、美顔マッサージも、皆さんの笑顔と元気な様子に負けない様、和やかな雰囲気の中でスムーズに動けるよう、知恵を寄せ合い、一つ一つに心をこめて結果を残せるよう時を重ねてきました。これからも皆の特技を活かし、温もりのある声掛けやお手伝いを続けて行きたいと考えています。(小野さまは、他に美顔教室や活花教室、和紙工芸にも参加されています。)  

 衣替えの季節です。出して見たら穴があいていたり、ほつれたり大きくならない内にお持ち下さい。出来るだけご要望に答えられる様、工夫を重ね、アイデアを出して、これからも頑張りたいと思いますのでどうぞよろしく。

小野 喜恵さま|活動時期:毎月第4金曜日

生花教室

  • 生花教室の風景1
  • 生花教室の風景2
  • 生花教室の風景3

 はじめて見学に伺った時、生け花をされている様子を拝見し、私にも手伝いが出来るのでは?心が動きました。限られた時間で、どう説明したら納得のいく花が生けてもらえるか考える日々が続きました。今では皆さんから「花の時間は一番楽しいね。」と云うその一声で喜びを感じ、今日までお手伝いをさせて頂いております。又、ボランティアの皆さんの輪が和やかなのが、私にとってとても幸せです。

 人の生けられた花も数多く見て頂くと参考になります。路側帯に植えてある花壇にも、目を映されるのも生け花をされる時に役に立つことが多い様です。私は花屋さんの店頭にいつの間にか立ち止まっているようです。

帆足 光子さま|活動時期:毎月第1金曜日

車椅子清掃ボランティア

  • 車椅子清掃ボランティアの風景1
  • 車椅子清掃ボランティアの風景2

 個人ボランティアとしてボランティア連絡会へ登録し社会福祉協議会よりの要請で各福祉施設の行事等へ参加していますが、アイユウの苑が車椅子清掃を募集していると松村リーダーより連絡があり応募しました。ボランティアのグループは女性がほとんどですが、このグループは男性が多いのが特徴です。月に一度の清掃ですが、職員さんや入所者の方より感謝の言葉を掛けて頂けるので励みとなっています。

 戦後の日本経済を支えられた方々が多数入所されていますが、若い頃は日々子育てなど生活が大変だったと思います。この施設より響灘の眺めは大変素晴らしいと思います。のんびりと景色を眺めていつまでもお元気で。

岡田 保さま|活動時期:毎月第1金曜日

喫茶ボランティア

  • 喫茶ボランティアの風景1
  • 喫茶ボランティアの風景2
  • 喫茶ボランティアの風景3

 アイユウの苑のボランティアをする様になって数年が過ぎました。その中でも喫茶は私にとって楽しく遣り甲斐の有る一時です。施設に来られる利用者の方々に、注文を聞きながらコーヒーを沸かし、アイスクリーム、あんみつと頭の中にインプットした通り、テーブルに運ぶ。と楽しみに待っています。手先の器用な男性が一心不乱に物作りをしていたり・・・。1時から3時30分までの喫茶の時間が終わると、夏は油蝉、熊蝉が鳴いている中、施設を後にします。

 施設に来られる方々も千差万別です。人生訓を訥々と語り合っていたり、足の爪を切ってもらっていたり。昼食の献立表を見ると、バランスの取れた新鮮な物を召し上がられているのが分かります。自分もそうだけど、いつまでもお元気で。

津守 富美子さま|活動時期:毎月第1金曜日

美顔教室

  • 美顔教室の風景1
  • 美顔教室の風景2
  • 美顔教室の風景3

 私がボランティアを始めようと思ったのは、寝たきりの母の介護をしたのがきっかけです。何をするにも時間が掛かり元気な時には考えもしなかった事です。母を見送り、私も元気な内に出来ることをしようとボランティアに飛び込みました。いろいろなお手伝いをしましたが、お年寄りとの会話、そして笑顔が一番うれしいですね。その上たくさんの素敵なボランティア仲間に出会えたことも私の一番の宝物です。(岡田さまは、他にお針ボランティア、活花教室、和紙工芸にも参加されています。)

 女の人はお化粧をされるとホッと笑顔になられます。最近ではマニキュアも好評です。若い頃は仕事が忙しくお化粧なんてする暇がなかったのにネ~と嬉しそうな顔をされました。お化粧の後皆で歌を歌う。これが楽しいです。

岡田 稔江さま|活動時期:毎月第4月曜日もしくは水曜日
本日は  2017年10月22日 日曜日  です。
Today is  Sunday 22 Oct 2017
  • 介護福祉情報誌『かおり』
  • スタッフの日記(アイユウの苑 公式ブログ)
  • ボランティア活動(活動内容・メッセージなど)
  • メディア情報/メディア掲載情報をお届け

アイユウの苑通信

  • お客様の声
  • アンケートページ
  • サービス評価
  • はじめてご利用の方へ
  • 資料請求はこちら